これからのご自分の住まいを賃貸で済ますか、購入した方がよいのか迷われている人も多いことと思います。それぞれのメリット・デメリットがありますので、よく考えることが必要です。

まずは、それぞれのメリットから

  • 自分の城を持ったことで自信と満足感と信用が得られる。

  • たとえローンを組んでも、やがて自分の資産となる。(次の世代に残せる)

  • 将来、売却や貸すこともできる。

  • 世帯主に万一のことがあっても、ローンの生命保険で家族の家が確保できる。

  • 賃貸物件と比べて広い。

  • 月々の賃料のみで、固定資産税や修繕費用がかからない。

  • 転勤などの場合でも移動しやすい。

  • 自由にライフスタイルの変化にあわせて住み替えができる。

  • ローンを組まなくてすみ、気軽である。

と、それぞれのメリットはこんなところでしょう。

では、デメリットはというと以下があげられます。

  • 修繕費は自腹。

  • 固定資産税などの税金がかかる。

  • そう簡単には住み替えができない。

  • ライフスタイルの変化に対応しづらい。

  • 定年後でも家賃が発生する。

  • 持ち家より社会的信用が低い。

  • 自分のものではないので自由にできない。

  • 大家や管理会社に対して気を使う。

  • 若いうちはよいが、年齢が高くなると借りることすらできない場合もある。

  • 家賃はいくら払っても資産とならない。

  • 持ち家と比べて狭い。

  • 一家の主が亡くなった場合、高齢になった時には賃貸の審査が厳しく、住み替えが難しい。

と、こんな感じだと思います。

では、現在30歳の方で65歳までの住居費用を計算してみましょう。

  • 2500万円の家を購入

  • 住宅ローン2500万円(35年返済)

  • 金利2.5%の場合

  • 固定資産税 年10万円

  • 火災保険 100万円(一括払い)

  • 家賃8万円の場合


次に平均寿命の80歳までの住居費用を考えてみると…

  • リフォーム費用 500万円

  • 固定資産税 10万円×15年(150万円)
  • 家賃8万円×12ヶ月×15年



65歳までで考えると、賃貸の方がお得感がありましたが

80歳までで計算すると、あまり変わらないことになります。

あなたの判断はいったいどちらになるでしょうか?

家を購入する方が得なのか、それとも賃貸で小回りが利く生活が得なのか…そのあたりはご自身の環境などを考えての判断になります。


どちらを選ぶにしても、損得勘定抜きで自分のライフプランを一度じっくりと見直して、よく考えてみる機会になれば幸いです。

最後にもう一度、それぞれのメリットを。

  • 自分のものになる。
    (次の世代に資産が残せる)

  • 売却することもできる。

  • 家の増改築も可能。

  • ローン返済で万が一のことがあっても、団信で返済がなくなる。

  • 担保として使えるので、社会的信用度が高い。

  • 収入に応じて、好きな住居を選べる。転勤などの場合でも移動しやすい。

  • 固定資産税がかからない。

  • 住居移動の小回りが利く。

  • 大きな借金をかかえる心配がない。