住宅ローン、不動産ローンの返済で困ったら!! 住宅ローンの支払いが困難になると…競売に!!

「競売」になると…

  1. 市場価格より安い価格となりがち
  2. 残債多く残りやすい
  3. 引っ越し代が出ない
  4. 自分の家が競売に公示される
  5. 強制退去の場合がある

任意売却になると…

  1. 市場価格に近い価格で売却
  2. 残債少なくしやすい
  3. 引っ越し代等を確保できやすい
  4. 公示されない
  5. 親戚などの身内にも売却できる

「任意売却」とは?

住宅ローン・借入の支払いが困難な場合、所有者(ローンを借りている人)と債務者(金融機関など)が合意のもと、不動産を競売よりも有利な条件で売却することです。


住宅ローンの滞納や延滞、差し押さえ、競売などでお困りの方はご相談下さい。「任意売却」で競売より有利な解決を目指します。

弁護士からのアドバイス!

弁護士は、依頼者の立場に立って仕事をすることが基本です。

債権者と交渉をすることはもちろん、不動産のプロとも協力し、解決を目指します。

解決といっても、方法は様々です。収入・お仕事・家族構成など生活状況を踏まえ、あなたに合った解決方法を考えます。

一人で悩まずに、まずはお近くの弁護士や弁護士会にご相談下さい。

※多くの弁護士は、住宅ローンなどの債務の相談を無料でおこなっております。

   お電話でのお問い合わせ   売買事業部 0834-31-3030
   メールでのお問い合わせ   問い合わせページへ

お一人で悩まずに、まずはご相談を。不動産のプロが解決します!