ところで、あなたの悩みごとはなんでしょう??

たんぼを耕してくれる人がいなくなった。年もとったし、草は生えるし、ほっとくと固定資産税も上がるし困った。

とりあえず駐車場にしてるけど満車にならず税金を払うのが大変だ…どうしよう。

年をとったが、次代にトラブルが無いように引き継ぎ(相続)させたい…のだけど方法があるのかな。

今度遠くへ引っ越すことになったけど、もうこの土地を管理することができないな。放っておくのも費用がかかるし弱ったなあ。


などなど、土地への悩みはつきないものです。



それならば、先に土地の特性を考えてみませんか?


住居系建物

アパートなどの集合住宅を建築するには教育機関が近い、スーパーが近い、嫌悪建物(工場など)が近くにないか等 、住みよい環境にあることが大切です。
また、住宅環境のメリットは、土地の固定資産税の評価額を1/6軽減できる等の節税ができます。

事業用建物(倉庫・工場系)

こちらは、近隣に住居系建築物がない事や全面道路の進入間口と幅員が広いことが重要です。こちらも収益性は高いですが、撤退した場合収益がゼロになる可能性があります。また、敷地面積は、広くなければ需要が見込めません。


事業用建物(事務所・店舗系)

事業所や店舗に向く立地条件とは、とにかく目立つ道路に面している事が需要です。収益性は高いですが、借り主が撤退された場合、収益がゼロになることもあります。相手方の業種をよく把握し長期経営が見込めるところと契約することが大切です。ただし、固定資産税の節税効果はほとんど見込めません。

駐車場

一番投資金額が低い方法ですが、近隣調査が重要です。近隣の駐車場の空車率と居住系やテナント建築物が近隣にあるかなどをチェックします。
需要が低い地域で駐車場にすると、ただの空地となりますので要注意です。ただし途中で他の用途に変更することは比較的容易です。



あなたの土地はどのタイプが向いてましたでしょうか?
その後の詳しい活用方法は 0834-31-7777 までご連絡くださいませ。
きっとお役に立てるはずです。