1.売却のご相談

不動産、マンションの売却は不安や疑問がたくさん出てくるもの…

そんな不安や疑問に三和のスタッフがお答えします!


ご所有の不動産の売却価格だけでなく、お客様の様々なご事情や要望を考慮のうえ、現在の住宅ローンの処理や売却資金の受け取る時期、諸費用を引いた手取り金額の算出などのアドバイスをいたします。

2.ご売却物件の調査・査定(査定は無料です)

【調 査】

1.営業スタッフが、ご所有不動産の現地に赴き物件の使用状況や敷地の状況などを確認します。

2.法務局や役所調査を経て、権利上や法令上の問題点の有無を把握します。


【査 定】

1.お客様からいただいた物件情報と周辺売出事例や成約事例などにもとづき査定をします。

2.市場動向や豊富な取引事例、希少性などを基に査定価格をご提示いたします。

3.査定価格は一般的に3ヶ月程度の期間で売却可能と思われる金額をご提示します。
 実際の売出価格はお客様のご要望を反映することも可能ですので、営業スタッフにご相談ください。

3.媒介契約の締結

ご売却が決まったら、当社へ売却を依頼するための媒介契約を締結していただきます。

媒介契約には次の3種類があります。それぞれのメリットをよくご確認のうえ、決定してください。


■媒介契約早見表

それぞれのメリットをよくご確認のうえ、決定してください。


指定流通機構(レインズ)とは?

レインズとは、国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機構」が運営する物件情報交換のためのコンピュータネットワークシステムです。

ご売却の依頼をいただきました不動産は、売却物件情報としてレインズに登録いたします。

登録された物件情報は数多くの不動産会社に公開され、取引の拡大を図ることができます。

4.販売活動

  • 1.登録顧客への紹介
  • (既に当社に登録されている多数の購入希望者に物件をご紹介します)
  • 2.指定流通機構レインズへの物件登録
  • (物件情報を他の不動産会社へ幅広く公開し、購入希望者を探します)
  • 3.インターネットを利用した販売活動
  • (物件画像を多数掲載し、閲覧者にアピールします)
  • 4.住宅情報誌やチラシ広告への掲載
  • (住宅情報誌への物件情報掲載や、新聞の折込広告など幅広い広告活動を実施します)
  • 5.オープンハウス
  • (空家の場合に限らず、お住まい中でも売主様のご都合に合わせてオープンハウスを実施することができます)
  • ※周囲に知られずに売却をしたいとお考えの場合は、営業スタッフにご相談ください。

5.見学者への対応

ご見学を希望されるお客様が見つかったら、営業スタッフから連絡が入ります。日時の調整が済みましたら、よい印象を与えるよう準備しましょう。


○整理整頓で清潔にお見せしましょう

玄関で靴が散乱、お風呂場が乱雑、納戸が暗くて物があふれている、キッチンの油汚れがひどい、 などは印象が悪くなります。

「ご自分ならば?」の視点で見直してみましょう。

○電気をつけて明るくしておきましょう

北側のお部屋やトイレ、お風呂などは電気をつけておきましょう。雨の日などは特に効果的です。

○ベランダの整理整頓もしておきましょう

向きを確かめたり、日当たりを確認するのに必ずベランダに出るものです。そこにゴミや洗濯物や枯れた植木鉢やブロック、レンガなどがころがっていては印象が悪くなってしまいます。ベランダの整理整頓も忘れずにしておきましょう。

○ペットはお散歩に

ペットは、好きな方もいますが嫌いな方もいます。できればご見学時は、お散歩に連れ出しましょう。

6.不動産売買契約

1.
権利書、固定資産税明細書、建築確認書、土地の境界確認資料等を確認しておきましょう。
2.
3ヶ月以内の印鑑証明書を準備しましょう。印鑑証明書は本人確認のために必要です。
また、共有登記名義人のお父様などが出席できない場合などは、あらかじめ本人が署名し、実印を押印した委任状が必要になります。
3.
物件状況報告書、設備表のすべての項目を調べて記入しておきましょう。雨漏りや白蟻、瑕疵の有無やエアコン・証明器具などの有無、故障・不具合などの状況の細かなものにまでチェック項目があります。現在の状況をきちんと報告することが後々のトラブルを防ぎます。

契約当日は、契約書の内容や取り決め事項を確認し、問題がなければ売主様・買主様が署名・押印し契約の完了となります。

7.引渡しの準備

売主様は残金決済の日までに、隣地との境界確認、お引越しや不用品の撤去などを済ませ、買主様へ引き渡せる状態にしておきます。

お買い換えで売却代金を新居の購入資金にあてる場合などは、引越しと残金決済のスケジュールを上手に調整しなくてはなりません。

営業スタッフとしっかり打ち合わせをしてください。

8.残金決済と引渡し

いよいよ物件の引渡しと残代金の受領をおこないます。以下の手続きをすすめていきます。


○物件の引渡し

引越しが終わり、空家になった状態を売主様・買主様・不動産会社が立ち会って、物件状況報告書、設備表などをもとに確認します。

  • ・マンションの管理規約やパンフレット、取扱説明書、保証書などを用意しておきましょう。
  • ・気持ちよく引渡しができるように、お部屋の掃除をしておきましょう。

○住宅ローン完済の手続き

売主様が現在、返済されている住宅ローンを一括返済する手続きです。事前に現金にて返済する場合と、受領する残代金から返済するケースがあります。

併せて抵当権の抹消の準備もすすめます。

○残代金・精算金などの受け取り

売買価格から手付金などを差し引いた残額と、固定資産税や都市計画税(マンションの場合は管理費)などの日割精算金を受け取ります。

○登記手続・鍵の引渡し

売主様・買主様共同で、名義の移転書類を作成します。司法書士は取引完了を確認したうえで、移転登記の手続きをおこないます。

○仲介手数料のお支払い

仲介手数料の残金や、司法書士への報酬をお支払いいただきます。

9.引越し後に起きること

引越し後に起きることとして、瑕疵担保責任があります。

取引完了後3ヶ月以内に隠れた不具合(瑕疵)が見つかった場合、以下の不具合については売主様が自己の責任と負担において、その不具合を修復しなければなりません。

この場合、当社が仲介業者として窓口となりますので、直接買主様と交渉するということはありませんので、ご安心ください。

<売主様が瑕疵担保責任を負うもの>

  • 白蟻の害
  • 雨漏り
  • 建物構造上、主要な部位の木部の腐食(区分所有建物は除く)
  • 給排水設備の故障

※区分所有建物(マンション)は専有部分に限定されます。

10.不動産売却Q&A

不動産の売却をお考えの方からの疑問や質問にお答えします。売却の際の参考にご覧ください。


Q1. 見学者が来ることになったら、どのようにお迎えすればよいですか?

A.

見学に来られた方は、お住まいになられている様子を参考としてご覧になりますので普段どおりの生活をしていてくださって結構です。

ご近所のことや、お買い物のことなど質問をされる場合がありますので、そのときは教えてあげてください。

Q2. 権利書を紛失しました。どうしたらよいでしょう?

A.

不動産登記法の改定で、権利証の代わりに「保証書」を作成する制度は廃止になりました。

現在は権利証の無いまま登記手続きをし、法務局から本人確認と意思確認をする方法と、司法書士が「本人確認手続き」をおこない必要書類を揃えて手続きをすすめる方法のどちらかになりました。

どちらにしても時間がかかりますので、お引渡し間際では決済スケジュールに支障が出る場合があります。紛失に気づいたら、速やかに営業担当者にご相談ください。

Q3. 売買に関する金銭は、いつ受け取れますか?

A.

売買契約締結時に、手付金として5~10%。決済時に残代金として全額受領する、二回に分けてのケースが一般的です。

売買契約が終わると、買主様が代金の一部にローンをお使いになる場合は、その手続きをおこない売主様はお引越しの準備をしたり、ローンがあれば完済準備をするなど、決済に向けて様々な手続きをおこないます。

お引渡しまでのご資金の流れや手続きについては、営業担当者がコーディネートいたしますのでご相談ください。

Q4. 売却にかかる広告の費用負担があるのでしょうか?

A.

一般のお客様の場合、費用負担はありません。ホームページへの掲載をはじめ、新聞折込や住宅情報誌などの広告費用は、当社で負担しますのでご安心ください。

このほかにも、指定流通機構(レインズ)への物件登録による業者間の情報公開など、様々な活動をおこないます。